loader

当院で扱う病気

当院で扱う病気についてこちらのリンクよりご案内しております。初期症状を確認する事で今後の負担を大きく削減できます.

スタッフ紹介

名古屋大学脳神経外科教室のスタッフ一覧。(令和3年12月16日現在)
こちらのリンクよりご覧ください。

外来担当表

名古屋大学医学部附属病院のページへジャンプします。
各担当者につきましてはこちらのリンクよりご確認下さい。

診療実績

当院における今迄の診療実績については、こちらのリンクからご確認いただけます。スタッフ1人1人がそれぞれの本領を発揮しております。

受診の流れ

こちらのリンクより当院での受診の流れについて御説明いたします。ご不明な点がございましたらコチラよりお問い合わせ下さい。

セカンドオピニオン

当院では多くの患者様へ専門性の高い情報の公開及び各種ご相談に対応しております。
こちらのリンクよりセカンドオピニオンについてご確認下さい。

交通案内

当院へのアクセス情報はこちらのリンクからご確認いただけます。

5,313件

手術件数

※2011-2020年データ

11,133件

入院件数

※2011-2020年データ

179,321人

外来患者数

※2011-2020年データ

529本

論文数(英語、日本語)

※2011-2020年データ

当院が扱う病気について

脳腫瘍

脳腫瘍について詳しく御説明しています。

頭蓋底腫瘍

頭蓋底腫瘍について詳しく御説明しています。

脳血管障害1

もやもや病・脳血管障害の手術治療について詳しく御説明しています。

脳血管障害2

脳血管内治療について詳しく御説明しております。

脊髄・脊椎疾患

脊髄・脊椎疾患について詳しく御説明しております。

機能外科、てんかん外科

機能外科・てんかんについて詳しく御説明しております。

診療実績

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年
開頭術 脳腫瘍 89 84 84 101 81
覚醒下手術 27 31 37 33 24
動脈瘤 10 5 3 11 12
脳出血 2 0 3 1 0
血管吻合術 16 36 26 18 12
他の脳血管手術 3 5 6 2 4
頭部外傷 0 1 1 0 1
神経血管減圧術 8 6 7 4 3
てんかんの外科手術 37 22 26 28 12
脊椎・脊髄手術 69 56 51 54 31
内視鏡手術 内視鏡的経鼻手術 62 43 36 39 45
水頭症手術 16 15 16 11 23
定位脳手術 脳深部刺激術他
(パーキンソン病他)
13 13 7 7 15
生検術 13 15 7 9 7
末梢神経手術 0 0 0 0 0
脳室ドレナージ術 0 2 0 1 1
慢性硬膜下血腫穿頭術 1 6 12 5 7
その他 35 44 48 36 21

374

353

333

327

275

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年
血管内手術 脳動脈瘤塞栓術 86 87 101 99 89
頚動脈ステント留置術 21 19 24 23 29
その他 33 31 51 31 36

140

137

176

153

154

総計

514

490

509

480

429

受診の流れ

NEWS & TOPICS

山本太樹

【論文掲載】

2022年02月11日

山本太樹先生が主著者の内視鏡関連論文がNeurosurgical Reviewに掲載されました。
A novel endoscopic ventriculocisternostomy and stenting technique with a transparent acryl puncture needle for a trapped temporal horn: a technical report and literature review.
Taiki Yamamoto, Kazuhito Takeuchi, Yuichi Nagata, Akihiro Mizuno, Hideyuki Harada, Ryuta Saito.
Neurosurg Rev. 2021 Oct 2. doi: 10.1007/s10143-021-01634-x. Online ahead of print PMID: 34599431
s10143-021-01634-x.pdf

論文掲載・プレリリース一覧
名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学医局便り

【医局便り】

2022年02月11日

前田紗知さんが、第39回日本脳腫瘍学会学術集会でTop Scoring Abstract賞を受賞しました。
http://jsno39.umin.jp

医局便り一覧
Nagoya Stroke Conference

【学会・研究会】

2021年11月01日

12月10日(金) 19:00~20:30 に、Nagoya Stroke Conferenceが開催されます。

今回は、
1.教育講演「頭痛診療は、やりがいがあるか〜安城更生病院での頭痛診療から(仮)〜」
(安城更生病院脳神経外科代表部長 加野貴久先生)
2.特別講演「脳卒中の橋渡し研究とその周辺」
(東北大学病院 病院長・東北大学神経外科分野教授 冨永悌二先生)

の2演題の講演が行われます。

金曜日夜の短時間の集中型ですので、お時間の許されます限り、ふるってご参加ください。

ヒルトン名古屋での現地+WEBでのハイブリット開催を予定しておりますが、コロナの状況によっては直前に変更となる可能性もあります。
また、ソーシャルディスタンス確保の観点から、現地参加いただける人数を40名に制限しております。
よって、事前申込みの時点で定員をオーバーした場合には調整させていただく場合がありますことをご了承ください。

事前参加申し込みは添付ファイルにある2次元コードかメールにて担当者に連絡してください。
よろしくお願いいたします。

名古屋大学脳神経外科
齋藤竜太
泉孝嗣
荒木芳生

nagoya-stroke-conference-01.jpg
nagoya-stroke-conference-02.jpg

学会・研究会一覧

脳外科のご相談はこちらです。

お問い合わせ

スタッフ紹介

医療関係者、研修医・学生の方の皆様へ

名大病院へのご紹介方法については、下記リンクを参照にしてください。
https://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/medical/introduce/
まず、「名古屋大学医学部附属病院診療申込書」を入手してください。
上記リンク先からダウンロードしていただくか、郵送でお送りいたします。
郵送の場合は、医療機関名、住所をご記入の上(FAX 052-744-2780)までFAXでご用命ください。
当院所定の「診療申込書①」と「紹介状」を名大病院病診連携室(FAX 052-744-2780)までFAXでお送りください。
(FAXは24時間受信。事務手続きは、平日9時から16時に行います。※番号非通知設定でのFAX送信は、当院では着信ができませんのでご注意願います。)
予め電子カルテに取り込みますので、「診療申込書①」とともに「紹介状の写し」をFAXで送付くださるようお願いします。紹介状は、貴院の様式で差し支えありません。
ご希望の予約日は、原則3平日以上先でご記入ください。
患者さんへは、「紹介状」に「診療申込書②(患者さん用)」を添えてお渡しください。
名大病院病診連携室は、FAXを受け取ると指定医師の予約空き状況を調べて予約を取ります。
病診連携室から患者さんへ電話をお掛けして、予約日時のご連絡と当日のご案内(来院日時、受付窓口、当日持参いただくもの等)をします。
患者さんとの調整後に、貴院へ予約日時をFAXでご連絡します。
入院中の患者さんをご紹介いただく場合は、診療申込書綴り表紙裏の「受診状況連絡箋」にご記入の上、「診療申込書①」および「紹介状」と一緒にFAXで送付願います。

連絡先
地域連携・患者相談センター病診連携室
電話番号
052-744-2839
FAX番号
052-744-2780

当科の最先端研究については、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科「研究室紹介」の「脳神経外科学/脳神経先端医療開発学/脳血管内治療学」よりご覧ください。

名古屋大学および名古屋大学の関連病院では古くから各科ローテーション方式を採用しており、長年にわたる充実した教育プログラムのノウハウがあります。プライマリーケアからICUでの全身管理まで、しっかりとした幅広い知識を早い時期より習得することができます。

卒後2年間の初期臨床研修を終了後、卒後3年目より名古屋大学脳神経外科の研修プログラムを開始します。名古屋大学の研修プログラムは、名古屋大学医学部附属病院を基幹施設として、連携施設での研修を中心に行います。連携施設とは社団法人日本脳神経外科学会とプログラム責任者(名古屋大学 脳神経外科 若林俊彦教授)が認める指導医が2名以上常勤する病院です。

名古屋大学は多くの研修施設(連携施設および関連施設)を有しており、年次が近い研修者が一施設に集中することなく、術者としての機会を早くから得ることができるのが特徴です。
また専攻医の先生には後期研修2年目以降、少なくとも2カ所以上(基幹施設を除く)の研修施設でのローテーション研修を原則とし、経験する症例の偏りがないようにしています。
どの研修施設も症例数が多く、多岐にわたる疾患に対応しなければなりません。
忙しくも充実した日々を過ごすことができます。
研修施設の中には、神経内視鏡、小児、脊椎、てんかんなどの特殊な疾患に特化した施設もあり、希望に応じて研修先を変更することも可能です。名古屋大学の研修プログラムをうけた多くの人が、後期研修を終了する頃までには指導医のもとで前方循環の脳動脈瘤クリッピング術を完遂できるようになっており、この研修プログラムの成果の一つだと感じています。

後期研修終了後は大学病院での研修を行い、研修の仕上げとなります。
大学病院には日本をリードするsubspecialtyのスタッフが多数おりますので、最新のトピックスを身近に聞くことができ、先端医療、難易度の高い手術や特殊な症例を数多く経験できます。難関である脳神経外科専門医を最短で取得できるよう、専門医試験対策勉強会(専攻医が定期的に集合して行う勉強会)や専攻医向け試験対策講義・試験(試験を合格して間もない専門医が担当)なども開催されており、高い合格率を維持しています。


名古屋大学脳神経外科には関連病院を中心に毎年10名前後の新入局員が入ります。出身大学はさまざまとなっています。
大学病院を含めた関連病院の手術症例数は年間約1万例程度で全国有数となっていますので、若手のうちから経験できる症例数にも非常に恵まれています。

    見学・入局に関するご案内

また専攻医の教育プログラムも充実しており、脳神経外科学会専門医試験の合格率も高い水準を維持しています。
当科の研修プログラムでの研修を希望される医学部生、初期・後期研修医を随時募集しています。 入局に関する質問や見学の申し込みなども大歓迎です。
ご遠慮なくお問い合わせフォームからご遠慮なくお問い合わせください。
脳外科での研修内容については、以下の名大ネットワークのHPもご参照ください。
http://med.nagoya-u.ac/voice/noushinkeigeka/noushinkeigeka.html

見学・入局に関する担当窓口
名古屋大学脳神経外科  医局長
大岡  史治 

名古屋大学脳神経外科では、独自のスカラーシップで、名古屋大学医学部脳神経外科学教室同門会の国際学術文化の振興を推進しています。
また、後期専門医研修のあと、1~2年の海外留学を応援しています。

    海外  →  名古屋
  • Thomas Jefferson University, PA, USA
  • King’s College London, UK
  • Amrita Institute of Medical Sciences, India
  • University of Zurich. Switzerland
  • PGIMER, Chandigarh and G B Pant hospital, India
  • Ayush Multispeciality Hospital, India
  • Sir J Hospital, Mumbai, India
  • Dannkok University, Korea
  • National Institute of Neuroscience, Singapore

    名古屋  →  海外
  • University of Pittsburgh, PA, USA
  • The Hospital for Sick Children, Toronto, Canada
  • Roosevelt Hospital, NY, USA

    過去の主な海外留学先
  • University of Pittsburgh, PA, USA
  • The Hospital for Sick Children, Toronto, Canada
  • National Institute of Health, MD, USA
  • Columbia University, NY, USA
  • The University of California, San Francisco (UCSF)
  • International Agency for Research on Cancer (IARC), World Health Organization (WHO)
  • St. Michael’s Hospital, University of Toronto, Canada

    スカラーシップの問い合わせ・応募先

    〒466-8550
    名古屋市昭和区鶴舞町65
    名古屋大学大学院医学系研究科  脳神経外科
    電話:052-744-2353

交通アクセスのご案内

所在地

〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地

最寄り駅

JR中央本線・鶴舞駅(名大病院口側)下車 徒歩3分
地下鉄(鶴舞線)鶴舞駅下車 徒歩8分
市バス「栄」から栄18系統「妙見町」行きで「名大病院」下車

ご案内

名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科学は 臨床研究棟1号館10階 にございます。
詳細は附属病院ホームページ「交通アクセス」「院内施設(施設の配置図)」をご覧下さい。

所属施設及び関連学会

お問い合わせ


052-741-2111(代表)

〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地