若林 俊彦

若林 俊彦
  • 教授若林 俊彦Toshihiko WAKABAYASHI脳腫瘍グループ

    研究者DBへ

出身校(卒業年度)

名古屋大学(1981年卒)
名古屋大学大学院博士課程(医学)(1985年卒)

専門領域

脳腫瘍
その他に、遺伝子治療、細胞療法、化学療法、画像誘導手術、ロボティクス、分子標的イメージング、トランスレーショナルリサーチ、BNCT開発、8Kの医療応用、PETプローベ開発

役職

日本脳神経外科学会理事・中部支部会支部長・第76回総会会長(予定)、日本脳腫瘍病理学会理事長・第30回総会会長、日本医学会・第30回総会展示委員長、日本癌学会評議員・第74回総会副プログラム委員長、日本癌治療学会第21期代議員・がん診療ガイドライン委員会委員、日本脳腫瘍学会理事・第29回総会会長、日本脳腫瘍の外科学会理事・第20回総会会長、日本分子脳神経外科学会運営委員長・第12回総会会長、日本遺伝子治療学会理事、日本正常圧水頭症学会世話人、日本脳神経外傷学会理事、日本脳神経外科手術と機器学会運営委員、日本脳神経外科救急学会評議員、日本コンピュータ外科学会評議員、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本Cell Death学会理事、日本脳死・脳蘇生学会理事、日本頭蓋底外科学会評議員、日本神経内視鏡学会運営委員、日本脳神経CI学会世話人。

現在までに、第12回日本分子脳神経外科学会(2011年)、第29回日本脳腫瘍学会(2011年)、第30回日本脳腫瘍病理学会(2012年)、第4回国際脳腫瘍病理シンポジウム(2012年)、第21回日本Cell Death学会の会長(2012年)、第20回日本脳腫瘍の外科学会会長(2015年)、を務めた。今後、第76回日本脳神経外科総会(2017年)の会長、第5回国際脳腫瘍病理シンポジウム(2018年)の会長、第30回日本医学会総会中部(2019年)(会長:齊藤英彦先生)の展示委員長を務める。

資格

  • 医師免許:第257789号(1981.5.26取得)
  • 医学博士号:医博第619号(1987.3.25取得)
  • 日本脳神経外科学会専門医(第3085号)(1990.7.19取得)
  • 日本脳神経外科学会中部支部会支部長(2008.9.1〜)
  • 日本脳神経外科学会理事(2008.9.1〜)
  • 日本脳神経外科全国野球大会世話人(2008.9.4〜)
  • 日本脳神経外科学会専門医認定審査委員会委員(2008.10.1〜)
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医(第2880号)(1992.10.23取得)
  • European training course in neuro-surgery (1993.9.18修了)
  • Neurological Society of India ( life member: WNS-02 )(1998.5.5取得)
  • ISO9001,ISO13485内部監査員養成コース修了(発行番号:2548)(2004.8.12取得)ISO9001:2000,ISO13485:2003内部監査員スキルアップ研修修了(発行番号:3890)(2006.8.2取得)
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医(2005.4.1〜2010.3.31,2011.4.1〜2015.3.31)
  • 日本臨床腫瘍学会専門医制度委員会委員(2004.3.12〜)
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医(第073085号)(2007.8.1交付)
  • 愛知県医師会予備代議員(2006.4.1〜2011.3.31)
  • (社)日本癌治療学会がん診療ガイドライン委員会協力委員(脳腫瘍担当)(2010.3.3-)
  • 日本癌学会評議員(2011.1.1〜2016.12.31)
  • (社)日本臓器移植ネットワーク中日本支部提供施設委員会委員長(2011.2.〜)
  • 日本脳神経外科学会指導医(2011.4.1〜)
  • Member of the Society of University Neurosurgeons (SUN) (2012.4.〜)
  • 独立行政法人日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員(2012.8〜2013.7)
  • 日本癌治療学会第21期代議員(2013.7〜)
  • 独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2013.10〜2014.11)
  • (社)日本癌治療学会がん診療ガイドライン委員会委員(2013.12.27〜)
  • 公益財団法人愛知腎臓財団臓器提供推進委員会委員(2015.4.1〜2017.3.31)
  • 名古屋大学医師会監事(2015.7.29〜)
  • 第8回平成27年度名大病院緩和ケア研修会修了(第198号:2015.12.27)
  • 日本癌治療学会IJCO編集部会 Associ-ate Editor(2016.2〜)

所属学会

全国

  • 日本脳神経外科学会(理事:2008.8.9〜、中部支部支部長、医療連携対応委員会委員長、倫理委員会委員長、斎藤眞基金運営委員会委員長、第76回学会会長)
  • 日本脳神経外科コングレス(会員、学会誌審査委員)
  • 日本脳腫瘍病理学会(理事長、第30回学会会長、第4回国際脳腫瘍病理シンポジウム会長)
  • 日本臨床腫瘍学会(暫定指導医、臨床腫瘍医専門医制度委員) 
  • 日本脳腫瘍学会(理事、学会誌:Neuro-Oncology editorial board、第29回学会会長、脳腫瘍ガイドライン策定委員会転移性脳腫瘍分科会長) 
  • 日本リハビリテーション医学会(学会認定医) 
  • 日本癌学会(会員、第67回プログラム委員、第70回プログラム委員、第74回編集副幹事、評議員)
  • 日本遺伝子治療学会(理事、評議員、第13回学会事務局幹事)
  • 日本Cell Death 学会(理事:2015.7.12〜、第19回プログラム委員、第21回年会頭)
  • 日本分子脳神経外科学会(事務局長、世話人、第12回学会会長)
  • 日本脳腫瘍の外科学会(理事、第20回学会会長)
  • 日本医用画像工学会(会員、第28回プログラム委員)   
  • 日本小児神経外科学会(理事、編集幹事、第38期、第39期世話人)
  • 日本てんかん外科学会(世話人)
  • 日本癌治療学会総会(第21期代議員、がん診療ガイドライン委員会協力委員、Associete Editor)
  • Asian Society for Neuro-Oncology (Interna-tional Scientific Committee member)
  • Japan India Neurosurgical Conference(理事、日本側事務局担当)
  • 日本レックリングハウゼン病学会(評議員:2009.4〜)
  • 日本術中画像情報学会(世話人:2010.6〜)
  • 日本老年脳神経外科学会(世話人:2013.2〜)
  • 日本正常圧水頭症学会(世話:2013.2〜)
  • 日本脳神経外科外傷学会(理事:2013.3.7〜)
  • 脳神経外科手術と機器学会(CNTT)(運営委員;2013.4〜)
  • 日本脳神経外科救急学会(評議員;2013.5〜)
  • 日本神経内視鏡学会(運営委員:2013.11〜)
  • 日本頭蓋底外科学会(評議員:2014.7.2〜)
  • 日本脳死・脳蘇生学会(理事:2014.7.7〜)
  • 日本コンピュータ外科学会(評議員:2015.6〜)
  • 日本ボツリヌス治療学会(代議員:2015.8.18〜)
  • 日本脳神経CI学会(世話人:2016.4〜)
  • 日本骨髄間葉系幹細胞治療学会(世話人:2016.4〜)
  • 日本神経病理学会(会員)
  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会(会員)
  • 日本基盤的免疫療法学会(会員)
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会(会員)
  • 日本がん免疫学会(会員)
  • 日本脳卒中の外科学会(会員)
  • 日本定位・機能神経外科学会(会員)
  • 日本免疫治療学研究会(会員)
  • 日本脊髄外科学会(会員)

地方

  • 東海遺伝子・再生医療研究会(事務局幹事、第30回当番世話人)
  • 東海小児がん研究会(世話人、第54回当番世話人)
  • 東海脳腫瘍病理検討会(世話人)
  • Neuro-Oncology Central(代表世話人)
  • 脳腫瘍フォーラム in Nagoya(世話人・幹事)
  • 東海小児脳腫瘍研究会(事務局幹事)
  • 名古屋脳卒中外科研究会(代表世話人:2014.2.8〜)
  • 東海総合画像医学研究会(世話人:2008.8.2〜)
  • 名古屋脳神経外科領域痛みの研究会(代表世話人:2009.1.17〜)
  • 遺伝子・再生医療センター学術研究会(世話人)
  • ニューロイメージングカンファランス(代表世話人:2009.2.7〜)
  • 東海頭蓋底外科研究会(代表世話人:2009.3.14〜)
  • 東海脳腫瘍手術手技研究会(顧問:2009.4.4〜)
  • 東海くも膜下出血研究会(顧問:2009.11.27〜)
  • 東海めまい平衡障害研究会(世話人:2008.12.20〜)
  • 東海漢方研究会(世話人:2012.1〜)

メッセージ

名古屋大学医学部脳神経外科は、日本脳神経外科学会の創設者の一人である斎藤眞先生が、大正6年(1917年)に名古屋大学医学部に赴任されてからの歴史(100年に及ぶ)があり、現在、同門メンバーは総数406名(物故会員36名を含む)、研修施設病院34、関連施設病院24、その他関係施設病院及びクリニックは140に及ぶ。関連施設全体での、入院総数(2015年)は22,203名、総手術件数(2015年)は11,042件であり、全国有数の研修基幹施設である。教授の若林俊彦の専門分野は悪性脳腫瘍の診断及び治療であり、その臨床実績は30年余年に至る。全生涯の英文論文総数284編、和文総説及び論文総数226編、被引用回数総数(CI)2770。

入局希望者に一言

人生一期一会。多くの出会いと別れが人生を豊かにします。脳神経外科学は、まさにこれからが大きく伸びる分野です。多くの仲間と多種多様な困難な症例に立ち向かい、医師として新たな領域を開拓しつつ新天地を創造していきたい諸君。いつでも門戸を解放しています。