チャリセ ルシュン

チャリセ ルシュン
  • 大学院生チャリセ ルシュンCHALISE, Lushun脳腫瘍グループ
【現在の所属先】名古屋大学医学部附属病院脳神経外科
【出身校(卒業年度)】大阪大学(平成21年卒)
【研修時期】平成21年度

チャリセ ルシュン先生からのメッセージ

脳外科の中でも各分野のスペシャリストの意見を気軽に聞けるのが大きな大学医局の一番の利点だと思います。

昔から人間の脳という不思議な臓器に興味があり、その不思議な脳の病気を治すのは一番やりがいのあるものだと思い、脳神経系の分野に進もうと思いました。実際に脳を触ったり、病気を実際に自分の手で治したりできるのは医師のなかでも脳外科医しかいませんので、脳外科医になろうと思った次第です。

大学卒業後、せっかくのスーパーローテーションのチャンスなので出身大学と違うところで研修したいと思い、当時はまだまだ新しい制度と認識されていた、このスーパーローテーション制度を昔から行われている名古屋大学研修システムを導入している愛知県の病院で研修することにしました。名古屋大学脳神経外科の関連病院では若手脳外科医に実力に合わせてどんどん執刀のチャンスを与える文化があります。外科医は「手術してなんぼ」ということで、たくさん手術のチャンスがある初期研修と同じ安城更生病院の脳外科で研修しました。地域の中核病院であり、数も種類も豊富な症例経験をし、実際に動脈瘤のクリッピング術、脳血管のバイパス術、脳腫瘍摘出術など難しい症例を含め代表的な脳外科手術を数多く執刀医として経験することができました。脳血管内治療では動脈瘤コイリング塞栓術や頸動脈ステント留置術CASなども数多く経験しました。名古屋大学脳神経外科へ入局後、半田市立半田病院へ短期赴任し、また別の地域中核病院で短期間中にCEAやMVDを中心に数多くの症例を経験することができました。

名古屋大学脳神経外科医局は関連病院が多く、その多くが愛知県を中心に東海地方の地域中核病院です。最初は大学での雑用ではなく関連病院で臨床の「うで」をつけてから医師6年目ぐらいに大学へ戻り、研究やsubspecialtyを中心にアカデミックな力を付けるのは名古屋大学脳神経外科の研修スタイルです。若い時から数多くの手術ができるため専門医試験を受けるまでに脳外科医としての経験値はかなり高いと思います。毎年の入局者も多く、大勢の同期や近い学年の先輩後輩から刺激を受けながら切磋琢磨で勉強し、毎年の脳神経外科専門医試験の合格率も全国平均を大きく上回っています。Subspecialtyは自分の希望に合わせて自由に選び、臨床のみならず基礎研究や留学をすることも可能です。

私は、現在、脳腫瘍をsubspecialtyとして臨床と研究両方行っております。忙しい毎日ですが、シニア・チーフという脳腫瘍の手術全てのオペに入り、大学でしか経験できないような治療困難な深部の脳腫瘍や頭蓋底腫瘍の手術やグリオーマの覚醒下手術を勉強しています。同時に博士課程の大学院生としてグリオーマの新規治療法開発のための基礎研究も行っています。忙しいですが、名古屋大学病院では貴重な脳腫瘍症例が多く、今の仕事にとてもやりがいを感じます。自分だけで解決できない臨床や研究の問題もありますが、脳外科の中でも各分野のスペシャリストの意見を気軽に聞けるのが大きな大学医局の一番の利点だと思います。

脳神経外科を考えている医学生や初期研修の先生方は、この大きな脳神経外科ファミリーに入りませんか。好きな仕事を自由な環境でできるのは一番やりがいのあることです。是非とも一緒に勉強し脳外科の発展と患者さんの笑顔につながる仕事をしましょう。

[記事掲載日]2017年7月