脊髄・脊椎グループ

脊椎低侵襲手術

当グループにおいては、脊椎脊髄腫瘍のみならず、頚椎から腰椎までの変性疾患も治療を行っています。
激しい痛みやしびれ、麻痺などの症状を来している場合は手術治療を要します。
胸椎腰椎疾患の場合、以前は皮膚を切開した後、脊椎の後面に張り付いている筋肉の剥離操作を行い、手術部位を大きく開いて手術を行っていました。
現在は、皮膚の切開を最小限にとどめ、脊椎後面の筋肉の間からアプローチする手法を採用しています。
これにより術後の離床までの時間の短縮、術後の痛みの軽減、手術中後の出血量の軽減、術後の脊椎変形の予防など、多くのメリットを期待することが可能になりました。
頚椎椎間板ヘルニアに対しては、経椎体的椎間板ヘルニア摘出術を行っています。前方より頚椎椎体下方に約6mm径の小さい穴を設け、可及的に脊髄もしくは神経根を圧迫している病変部のみを摘出する方法で、金属やセラミックなどの異物の留置の必要がありません。脊髄前方病変で、とりわけ1椎間の場合、ケージと呼ばれる人工物を用いた前方固定術が普及していますが、脊椎が固定されてしまうことによる可動性の消失により、上下の椎体への負担が増大し、将来的に頸椎症や頚椎椎間板ヘルニアを惹起しやすくなると言われております。私たちの手術方法では、若干の椎間板腔の狭小化を認めるものの、術後の手術椎間の可動性は十分に保たれるというデータを得ており、隣接椎間にとって非侵襲的な手術法であると考えられます。また、術中透視、神経モニタリング、O-arm navigationなどの術中支援機材を駆使することで最善の手術治療を提供することが出来ます。

低侵襲手術の実際

低侵襲手術の実際低侵襲手術の実際

微小血管減圧術

当グループでは顔面痙攣と三叉神経痛の手術治療も扱っております。
これらの疾患は外科的に治療可能なもので、機能的脳神経外科の代表的疾患です。その原因の多くが、血管(主に動脈)と神経(顔面神経・三叉神経)が接触して症状をきたすものです。共に外科的治療(神経血管減圧術)が根本的治療ですが、対症療法が選択されているケースが往々にして見られます。脳神経外科として啓蒙が必要な疾患と考えられます。これらは手術的治療の有効性は十分に証明されていますが、今なお意外に合併症率が高いことも知られています。最も多い合併症は聴力障害であり、その他顔面神経麻痺などがあります。機能手術であるだけに、このような合併症をきたしてはなりません。私たちは、検査技師などの他職種の方々と連携して聴性脳幹反応や顔面神経モニターを駆使した手術を行っており、これらの合併症ゼロにするべく努力を行っています。近年、私たちが手術する症例は増加傾向にあり、良好な手術成績を残しております。
微小血管減圧術
手術体位は、側臥位(横向きの状態)で行います。
一般的な開頭手術では、脳を牽引するためにヘラを使用しますが、当科では牽引による脳へのダメージを最小限にするため、吸引管のみでの操作で手術を行っています。
ヘラを使わないことによって、開頭の大きさは約4~5cmと小さなもので済みます。
これらの一連の作業により、皮膚切開を最小限にとどめ、脳だけではなく血管や脳神経に対する損傷のリスクも軽減させることが可能です。

脊髄腫瘍摘出術

脊髄腫瘍は、脳腫瘍と比べて良性の腫瘍の頻度は高いですが、中には悪性のものもあり治療にしばしば難渋します。脊柱館内の軟部組織や脊椎椎体内に発生する腫瘍により、脊髄ないしは神経根が圧迫されることによって手足のしびれ、痛み、麻痺などの神経症状を来します。
当科では、頭蓋頚椎移行部から腰仙骨に至る腫瘍病変の手術治療を幅広く扱っております。
術後に化学療法や放射線治療を要する場合は、当科腫瘍グループや放射線治療部などと連携して治療を行っています。
脊髄腫瘍摘出術

症例1:胸椎に発生した神経鞘腫(硬膜外腫瘍)

症例1:胸椎に発生した神経鞘腫(硬膜外腫瘍)

症例2:頭蓋頚椎移行部に発生した髄膜腫(硬膜内髄外腫瘍)

症例2:頭蓋頚椎移行部に発生した髄膜腫(硬膜内髄外腫瘍)

症例3:延髄まで伸びる小児腫瘍例 退形成性星細胞腫(髄内腫瘍)

<術後放射線化学療法施行>
術後放射線化学療法施行