診療案内

~最先端画像誘導手術と先進医療を駆使した東海地区の脳神経外科疾患のセンター~
世界・日本をリードする高い専門性を持った脳神経外科医が、ベストの医療を提供します。

診療概要

当教室の歴史は古く、日本脳神経外科学会の第1回から第3回までの会長を務め、黎明期を支えた齋藤 眞外科教授より始まります。
その後、景山 直樹教授、杉田 虔一郎教授、吉田 純教授、若林 俊彦教授に引き継がれ、90余年の歴史をもっています。
その間、日本における脳腫瘍学や顕微鏡手術、脳血管内治療学の確立に中心的役割を果たしてきました。
脳神外科学では、コンピューター・画像診断の新しい技術が導入された手術が開発されています。また、細胞療法、遺伝子治療、再生医療等の研究も続けられています。
現在は50に及ぶ関連病院を擁し、先進技術を駆使して世界屈指の脳神経外科医療体制を誇るとともに、遺伝子治療・細胞医療等の先端医療への臨床研究開発にも取り組んでいます。

治療対象としている疾患

  • 脳腫瘍 グリオーマ、悪性リンパ腫、髄膜腫、下垂体腫瘍 、小児脳腫瘍 など
  • 脳血管障害 脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、内頚動脈狭窄、 もやもや病 など
  • 脊髄・脊椎疾患 頚椎症、後縦靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍 など
  • 特発性正常圧水頭症  認知症の治療
  • 機能的脳外科疾患  パーキンソン病、本態性振戦、てんかん、痛み など

特記すべき治療技術


  • 当院の手術室には手術中にMRI撮影可能とする術中MRIシステム “Brain Theater”があります。リアルタイムに手術部位に関する情報を得ることができます。 腫瘍の摘出具合や脳の重要な構造との位置関係を評価することができ、より正確な手術が可能になります。
  • ヒトの言語機能や運動機能などを司る重要な脳実質・白質に近い病変部に対しては「覚醒下手術」を積極的に行っています。手術に伴う後遺症を回避するだけではなく、術後の早期回復・社会復帰が可能になることがわかっています。
  • 近年では神経内視鏡手術を積極的に取り組んでいっております。脳室内腫瘍、下垂体腫瘍、水頭症、頭蓋底手術などに応用されています。手術の傷をより小さく、また、本来であれば観察することの困難な脳の深部まで到達可能であり、徐々にその適応は広がっています。
  • 脳血管内治療:
    内頚動脈狭窄症に対するステント療法:血管の狭窄部位にステントと呼ばれる器具を留置して、血管を拡張する治療法です。
    脳動脈瘤に対するコイル塞栓術:この分野は機器、技術ともに年々進歩しており、破裂リスクの高い脳動脈瘤に対してはカテーテルを用いての塞栓術を行っております。 いずれの治療も身体的な負担が少ないという利点があります。
  • パーキンソン病等に対する深部電極刺激療法:脳に安全な電気的刺激を与え、症状の改善を図ります。
  • 薬剤抵抗性のてんかんに対して、焦点切除術などを行っております。
  • もやもや病、脳主幹動脈狭窄症などに対するバイパス術  動脈が閉塞し血流が低下している脳血管に別の血管をつなぎ、脳へ血液を送ります。

名古屋大学脳神経外科の目標

  • 最新の診断技術を駆使して、正確な診断を行います
  • 最新の治療法を含めた幅広い選択肢の中からそれぞれの患者さんに最も適した最良の方法を選びます
  • できるだけ患者さんの身体に負担の少ない手術方法で行います
  • 適切な手術後の治療やリハビリテーションを行います
  • 診断~手術~術後までトータルにケアします

キーワード

脳血管障害、脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、脊髄脊椎病変、神経内視鏡、術中MRI、覚醒下手術、てんかん外科、脳血管内治療、遺伝子治療、細胞療法

入院・手術について

当科では、緊急を要する場合を除き、予約での入院となっています。
脳神経外科外来で主治医と相談の上、入院日などを直接お伝えする場合と、入院について同意いただいた後、後日脳神経外科病棟チーフ医師より、お電話にて入院日をお知らせする場合とがあります。
その場合でも原則的に当科外来にて看護師より入院のご案内、ご相談をさせていただいております。

セカンドオピニオン

脳神経外科分野における疾患に対する、それぞれのエキスパートによるセカンドオピニオンを随時実施しています。
セカンドオピニオンをご希望される患者さんは、病診連携室(電話:052-744-2839、FAX:052-744-2780)にお問い合わせ下さい。