前田紗知先生、大岡史治助教、夏目敦至准教授の論文がActa Neuropathologica Communicationsに掲載され、プレスリリースを行いました。

小児、若年成人に多い難治性の脳腫瘍の予後不良マーカーの発見

~ 全ゲノム解析による染色体異常の解析により、新たな治療法の確立へ ~

 

名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学の 前田 紗知 大学院生、大岡 史治 助教、夏目 敦至 准教授らは、小児や若年成人に多い難治性の脳腫瘍であるH3 K27M変異型びまん性正中部神経膠腫(diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant) の全ゲノム解析を行い、特徴的な染色体構造異常を発見しました。

難治性脳腫瘍である神経膠腫は小児期や若年成人期には脳幹部や脊髄等中枢神経の中心部に発生することが多く、手術も困難であり予後は極めて不良です。このタイプの神経膠腫ではH3F3A遺伝子のK27M変異を認めることが多く、H3 K27M変異型びまん性正中部神経膠腫(diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant:以下DMG)と名付けられました。近年、DMGの分子研究は進みつつあり、様々な遺伝子異常、エピゲノム異常が見つかっていますが、明確な予後不良の因子は見つかっていません。本研究では、特徴的なH3F3A遺伝子変異パターンを示す4症例のDMGに対して全ゲノム解析を行ったところ、H3F3A遺伝子領域周辺の染色体構造に異常があることを発見しました。これらの腫瘍はそれぞれ異なるタイプの染色体の構造異常を示しましたが、いずれの症例でも変異型H3F3A遺伝子をもつ染色体数と野生型H3F3A遺伝子をもつ染色体数のバランスが崩れており、変異型H3F3A遺伝子をもつ染色体が優位になっていました。これらの腫瘍では変異型H3F3Aタンパク質(H3 K27Mタンパク質)の発現量が増加しており、特定のエピゲノム異常が、より強く誘導されていました。また、この染色体構造の異常を有する腫瘍は増殖が早く、予後不良であることが明らかになりました。これらにより、今回の研究でH3F3A遺伝子領域の染色体異常がDMGの予後不良の因子であることを初めて同定しました。この染色体異常が予後不良に関わるメカニズムを詳細に解明することで、DMGが悪性性質を獲得するメカニズムの解明につながる可能性があります。

本研究は、英科学誌「Acta Neuropathologica Communications」電子版(2020年2月5日付(日本時間10時)に掲載されました。

 

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

プレスリリースPDF

大岡史治先生が筆頭著者の論文がCancer Researchに掲載され、プレスリリースを行いました。

                                           令和元年8月20日

             極めて難治性の腫瘍である神経膠腫に対する有望な治療法を発見!
             〜エピゲノム修飾酵素が神経膠腫形成を導くメカニズムを解明〜

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)・腫瘍生物学分野の近藤豊(こんどうゆたか)教授、新城恵子(しんじょうけいこ)助教(筆頭著者)、同脳神経外科学の夏目敦至(なつめあつし)准教授、大岡史治(おおおかふみはる)助教(筆頭著者)らは、難治性の脳腫瘍である神経膠腫の中で、特定の遺伝子異常がある腫瘍の患者さんにEZH2阻害剤が有効である可能性を見出しました。
神経膠腫は、最も多い脳腫瘍の一つで難治性の腫瘍です。低悪性度神経膠腫は、神経膠腫の中では比較的悪性度が低いものの、手術によって完治に至ることが少なく確実に増大し生命を脅かします。低悪性度神経膠腫のうち、IDH遺伝子の変異がない腫瘍の予後は不良で、有効な治療薬も見つかっていません。本研究では、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫においてそれぞれ最も多い遺伝子異常の一つであるp53, NF1遺伝子異常をもち、本腫瘍を発症するMADMマウスモデルを使って、腫瘍ができていく時に出現する分子の異常を解析しました。その結果、マウスモデルのp53, NF1遺伝子異常細胞は、腫瘍になる前からエピゲノム修飾酵素EZH2を高発現し、EZH2が多くの重要な遺伝子のエピゲノム異常を引き起こし、腫瘍の形成に重要であることがわかりました。そこで、MADMマウスにEZH2阻害剤を投与したところ、腫瘍の増大を抑えることができました。ヒトのIDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫でもEZH2は高発現しており、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ低悪性度神経膠腫の細胞株ではEZH2阻害剤により細胞増殖が抑えられました。
EZH2阻害薬は、現在血液のがん等で治験が行われており、近い将来臨床の現場で使用できる治療薬になる可能性があります。今後、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫の中で、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ腫瘍の患者さんに、EZH2阻害剤を有効なプレシジョンメディスンとして使用できる可能性を初めて見出しました。
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)研究開発課題名「がん細胞の分化制御に関わるエピゲノムを標的とした革新的治療法の開発」の支援のもとでおこなわれたものです。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

Can_Res_190820

慶應義塾大学文学部心理学研究室との共同研究において、本村和也先生が主著者の覚醒下手術関連論文が、Brain Structure and Functionに掲載され、プレスリリースを行いました。

意識下での手術による脳と心に関する脳機能ネットワークの解明

-脳と心の脳神経外科学・認知神経科学の融合型研究-

2019/06/06

名古屋大学

慶應義塾大学

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)脳神経外科学(若林俊彦教授)の本村和也准教授、慶應義塾大学文学部心理学研究室の梅田聡教授、寺澤悠理准教授らの研究グループは、脳腫瘍患者に対する覚醒下手術によって、感情認識に関わる脳機能ネットワークを明らかにしました。

嬉しい、悲しい、腹立たしい、といった自己の感情を認識するために、脳内のネットワークがどのように機能しているか?という問いの答えは、未だに分かっていません。これまでの研究結果から、脳損傷患者症例を対象とした神経心理学的な手法および機能的MRIを用いた脳機能画像解析から、島皮質前部が内受容感覚を意識する場合や主観的に感情を感じる場合に共通して、その活動性が高くなると報告してきました。

本研究では、島皮質に係る脳腫瘍患者に対して、表情認識課題(顔写真から表情を認識する課題(怒り・喜び・悲しみ・嫌悪・感情なし))を用いながら実際に覚醒下手術中に島皮質を直接刺激することで、感情認識に関わる脳機能ネットワーク解析を行いました。手術前、覚醒下手術時および手術後において、表情認識課題を用いて、どれを感じるか答えてもらうことで、表情が表す感情の種類、強さの識別に対して検討しました。覚醒下手術中に、島皮質前部を直接刺激すると「怒り」の認識が明らかに増強されました。また、島皮質を摘出後は、「怒り」の認識がはっきりと低下し、逆に「悲しみ」の認識が増加しました。さらに、Voxel-based lesion symptom mapping(損傷領域と症状の関係性を詳細に検証する手法)によると、怒りの認識は左島皮質と関連することが示されました。これらの知見は、島皮質が身体内部からの情報である内受容感覚に基づく覚醒度の神経基盤として、怒りや悲しみなどの感情認識の変化に関わっていることを示唆しています。

本研究成果は、2019年6月5日付け(日本時間午後10時)国際科学誌「Brain Structure and Function」の電子版に公開されました。

また、本研究は、日本学術振興会科学研究費助成事業「基盤研究B」 (No. 24330210)、「基盤研究C」(No.17K10862)の助成を受けました。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

プレリリースBr_Stru_Fun_final_jp

英語版

プレリリースBr_Stru_Fun_final_en

椎名諭先生が主著者のCAR T Cells Targeting Podoplanin Reduce Orthotopic Glioblastomas in Mouse Brains.がCancer Immunology Researchに掲載され、プレスリリースを行いました。外資メーカーの各種ホームページで取り上げられました。

椎名諭先生が主著者のCAR T Cells Targeting Podoplanin Reduce Orthotopic Glioblastomas in Mouse Brains.がCancer Immunology Researchに掲載され、プレスリリースを行いました。外資メーカーの各種ホームページで取り上げられました。

CAR_T_20160201jp

山道茜研究員が主著者のAn immuno-wall micro device exhibits rapid and sensitive detection of IDH1-R132H mutation specific to grade II and III gliomas.がScience and Technology Advanced Materialsに掲載され、プレスリリースを行いました。

山道茜研究員が主著者のAn immuno-wall micro device exhibits rapid and sensitive detection of IDH1-R132H mutation specific to grade II and III gliomas.がScience and Technology Advanced Materialsに掲載され、プレスリリースを行いました。

immuno-wall_20161005jp

出口彰一先生が主著者のOncogenic effects of evolutionarily conserved noncoding RNA ECONEXIN on gliomagenesis.がOncogeneに掲載されました。新規RNAを発見し、ECONEXINと命名し特許出願中です。

出口彰一先生が主著者のOncogenic effects of evolutionarily conserved noncoding RNA ECONEXIN on gliomagenesis.がOncogeneに掲載されました。新規RNAを発見し、ECONEXINと命名し特許出願中です。

高橋雅英 副総長の研究室との共同研究;Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma.がJournal of Pathologyに掲載されました。プレスリリースされました

高橋雅英 副総長の研究室との共同研究;Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma.がJournal of Pathologyに掲載されました。プレスリリースされました