前田紗知先生、大岡史治助教、夏目敦至准教授の論文がActa Neuropathologica Communicationsに掲載され、プレスリリースを行いました。

小児、若年成人に多い難治性の脳腫瘍の予後不良マーカーの発見

~ 全ゲノム解析による染色体異常の解析により、新たな治療法の確立へ ~

 

名古屋大学大学院医学系研究科脳神経外科学の 前田 紗知 大学院生、大岡 史治 助教、夏目 敦至 准教授らは、小児や若年成人に多い難治性の脳腫瘍であるH3 K27M変異型びまん性正中部神経膠腫(diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant) の全ゲノム解析を行い、特徴的な染色体構造異常を発見しました。

難治性脳腫瘍である神経膠腫は小児期や若年成人期には脳幹部や脊髄等中枢神経の中心部に発生することが多く、手術も困難であり予後は極めて不良です。このタイプの神経膠腫ではH3F3A遺伝子のK27M変異を認めることが多く、H3 K27M変異型びまん性正中部神経膠腫(diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant:以下DMG)と名付けられました。近年、DMGの分子研究は進みつつあり、様々な遺伝子異常、エピゲノム異常が見つかっていますが、明確な予後不良の因子は見つかっていません。本研究では、特徴的なH3F3A遺伝子変異パターンを示す4症例のDMGに対して全ゲノム解析を行ったところ、H3F3A遺伝子領域周辺の染色体構造に異常があることを発見しました。これらの腫瘍はそれぞれ異なるタイプの染色体の構造異常を示しましたが、いずれの症例でも変異型H3F3A遺伝子をもつ染色体数と野生型H3F3A遺伝子をもつ染色体数のバランスが崩れており、変異型H3F3A遺伝子をもつ染色体が優位になっていました。これらの腫瘍では変異型H3F3Aタンパク質(H3 K27Mタンパク質)の発現量が増加しており、特定のエピゲノム異常が、より強く誘導されていました。また、この染色体構造の異常を有する腫瘍は増殖が早く、予後不良であることが明らかになりました。これらにより、今回の研究でH3F3A遺伝子領域の染色体異常がDMGの予後不良の因子であることを初めて同定しました。この染色体異常が予後不良に関わるメカニズムを詳細に解明することで、DMGが悪性性質を獲得するメカニズムの解明につながる可能性があります。

本研究は、英科学誌「Acta Neuropathologica Communications」電子版(2020年2月5日付(日本時間10時)に掲載されました。

 

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

プレスリリースPDF

本村和也先生が責任著者の覚醒下手術関連論文がJournal of Neuro-Oncology にアクセプトされました。

本村和也先生が責任著者の覚醒下手術関連論文がJournal of Neuro-Oncology にアクセプトされました。

Yoshida A, Motomura K, Natsume A, Chalise L, Iijima K, Hara D, Kadono I, Wakai K, Wakabayashi T. Preoperative predictive factors affecting return to work in patients with gliomas undergoing awake brain mapping. J Neurooncol. 2019 Dec 18. doi: 10.1007/s11060-019-03371-0. [Epub ahead of print] PMID: 31853839

金森史哲先生が主著者の脳血管外科関連論文がWorld Neurosurgにアクセプトされました。

金森史哲先生が主著者の脳血管外科関連論文がWorld Neurosurgにアクセプトされました。

Kanamori F, Araki Y, Yokoyama K, Uda K, Okamoto S, Wakabayashi T. Brain compression by encephalo-myo-synangiosis is a risk factor for transient neurological deficits after surgical revascularization in pediatric patients with moyamoya disease. World Neurosurg. 2019 Sep 25. pii: S1878-8750(19)32523-9.

ADILIJIANG, Alimu先生が主著者の論文がMolecules (IF=3.060)にアクセプトされました。

ADILIJIANG, Alimu先生が主著者の論文がMolecules (IF=3.060)にアクセプトされました。

 

Adilijiang A, Hirano M, Okuno Y, Aoki K, Ohka F, Maeda S, Tanahashi K, Motomura K, Shimizu H, Yamaguchi J, Wakabayashi T, Natsume A. Next Generation Sequencing-Based Transcriptome Predicts Bevacizumab Efficacy in Combination with Temozolomide in Glioblastoma. Molecules. 2019 Aug 22;24(17).

永田雄一先生が主著者の内視鏡関連論文がPituitary (IF=3.335)にアクセプトされました。

永田雄一先生が主著者の内視鏡関連論文がPituitary (IF=3.335)にアクセプトされました。

Nagata Y, Takeuchi K, Yamamoto T, Ishikawa T, Kawabata T, Shimoyama Y, Inoshita N, Wakabayashi T. Peel-off resection of the pituitary gland for functional pituitary adenomas: pathological significance and impact on pituitary function. Pituitary. 2019 Aug 3. doi: 10.1007/s11102-019-00980-w. [Epub ahead of print] PMID: 31377966

大岡史治先生が筆頭著者の論文がCancer Researchに掲載され、プレスリリースを行いました。

                                           令和元年8月20日

             極めて難治性の腫瘍である神経膠腫に対する有望な治療法を発見!
             〜エピゲノム修飾酵素が神経膠腫形成を導くメカニズムを解明〜

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)・腫瘍生物学分野の近藤豊(こんどうゆたか)教授、新城恵子(しんじょうけいこ)助教(筆頭著者)、同脳神経外科学の夏目敦至(なつめあつし)准教授、大岡史治(おおおかふみはる)助教(筆頭著者)らは、難治性の脳腫瘍である神経膠腫の中で、特定の遺伝子異常がある腫瘍の患者さんにEZH2阻害剤が有効である可能性を見出しました。
神経膠腫は、最も多い脳腫瘍の一つで難治性の腫瘍です。低悪性度神経膠腫は、神経膠腫の中では比較的悪性度が低いものの、手術によって完治に至ることが少なく確実に増大し生命を脅かします。低悪性度神経膠腫のうち、IDH遺伝子の変異がない腫瘍の予後は不良で、有効な治療薬も見つかっていません。本研究では、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫においてそれぞれ最も多い遺伝子異常の一つであるp53, NF1遺伝子異常をもち、本腫瘍を発症するMADMマウスモデルを使って、腫瘍ができていく時に出現する分子の異常を解析しました。その結果、マウスモデルのp53, NF1遺伝子異常細胞は、腫瘍になる前からエピゲノム修飾酵素EZH2を高発現し、EZH2が多くの重要な遺伝子のエピゲノム異常を引き起こし、腫瘍の形成に重要であることがわかりました。そこで、MADMマウスにEZH2阻害剤を投与したところ、腫瘍の増大を抑えることができました。ヒトのIDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫でもEZH2は高発現しており、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ低悪性度神経膠腫の細胞株ではEZH2阻害剤により細胞増殖が抑えられました。
EZH2阻害薬は、現在血液のがん等で治験が行われており、近い将来臨床の現場で使用できる治療薬になる可能性があります。今後、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫の中で、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ腫瘍の患者さんに、EZH2阻害剤を有効なプレシジョンメディスンとして使用できる可能性を初めて見出しました。
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)研究開発課題名「がん細胞の分化制御に関わるエピゲノムを標的とした革新的治療法の開発」の支援のもとでおこなわれたものです。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

Can_Res_190820

山口純矢先生が主著者の脳腫瘍関連論文がWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

山口純矢先生が主著者のSpontaneous tumor regression of intracranial solitary fibrous tumor originating from the medulla oblongata: A case report and literature review.がWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

Yamaguchi J, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Nishikawa T, Shimizu H, Wakabayashi T, Natsume A. Spontaneous tumor regression of intracranial solitary fibrous tumor originating from the medulla oblongata: A case report and literature review. World Neurosurg. 2019 Jul 18. pii: S1878-8750(19)31958-8. doi: 10.1016/j.wneu.2019.07.052.

永田雄一先生が主著者の内視鏡関連論文がWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

永田雄一先生が主著者のRemoval of the medial wall of the cavernous sinus for functional pituitary adenomas: A technical report and its pathological significanceがWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

Nagata Y, Takeuchi K, Yamamoto T, Ishikawa T, Kawabata T, Shimoyama Y, Wakabayashi T. Removal of the medial wall of the cavernous sinus for functional pituitary adenomas: A technical report and its pathological significance. World Neurosurg. 2019 126:53-58

石川隆之先生が主著者の内視鏡関連論文がWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

石川隆之先生が主著者のQuality of Life Changes Before and After Transsphenoidal Surgery for Sellar and Parasellar LesionsがWorld neurosurgeryにアクセプトされました。

Ishikawa T, Takeuchi K, Nagatani T, Aimi Y, Tanemura E, Tambara M, Nagata Y, Choo J, Wakabayashi T. Quality of Life Changes Before and After Transsphenoidal Surgery for Sellar and Parasellar Lesions. World Neurosurg. 2019 Feb;122:e1202-e1210. doi: 10.1016/j.wneu.2018.11.017.