山﨑慎太郎先生、大岡史治先生が筆頭著者の論文がNeuro-Oncologyに掲載され、プレスリリースを行いました。

           髄膜腫の新たな実験モデルを世界で初めて樹立!
   〜患者腫瘍由来のオルガノイドモデルを用いた病態解析により新たな治療法の確立へ〜

国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)・脳神経外
科(教授・齋藤竜太)の山﨑慎太郎(やまざきしんたろう)大学院生、大岡史治(おおおかふみはる)
講師、夏目敦至(なつめあつし)准教授らの研究グループは髄膜腫の腫瘍検体を用いて、新たな実験
モデルである髄膜腫オルガノイドモデルの樹立に成功しました。
髄膜腫は、最も高頻度に発生する原発性脳腫瘍です。現在の標準治療は手術と放射線照射であり多
くは経過良好であるものの、良性であっても取り切れない場合や悪性の場合は再発を繰り返し生命を
脅かします。近年の研究により、髄膜腫の増殖に関わっている可能性のある重要な分子異常が同定さ
れてはいますが、そのメカニズムはわかっておらず有効な分子標的治療薬は見つかっていません。髄
膜腫では細胞株や動物モデル等の研究用モデルの作成が困難であることが大きな原因の一つとなり、
詳細に病態を解明する研究を行うことが困難でした。近年、様々ながん腫で三次元の組織培養技術を
用いたオルガノイドモデルが有望な研究モデルとして注目されています。この培養技術を用いて、培
養を行ったすべての症例から髄膜腫のオルガノイドモデルを樹立することができ、世界で初めて報告
しました。
増殖が早い悪性髄膜腫では、FOXM1遺伝子が異常高発現していることに注目し、髄膜腫オルガノ
イドモデルを用いて、FOXM1の発現量が腫瘍の増殖に及ぼす影響を検証しました。オルガノイドモ
デルを用いてFOXM1遺伝子を強制発現もしくはノックダウンすると増殖能が変化することを同定
し、FOXM1 阻害剤と放射線治療を併用すると髄膜腫オルガノイドの増殖が抑制されることから、
FOXM1が新規治療標的となる可能性を示しました。今後、本実験モデルを用いることで、髄膜腫の
詳細な病態の解明と髄膜腫に対する新たな治療戦略の開発につながる可能性があります。
この研究成果は、「Neuro-Oncology」のオンライン版に掲載されました(2021 年 7 月 2 日)。

プレスリリース日本語版

プレスリリース英語版