大岡史治助教が筆頭著者の論文がCancer Researchに掲載され、プレスリリースを行いました。

                                           令和元年8月20日

             極めて難治性の腫瘍である神経膠腫に対する有望な治療法を発見!
             〜エピゲノム修飾酵素が神経膠腫形成を導くメカニズムを解明〜

名古屋大学大学院医学系研究科(研究科長・門松健治)・腫瘍生物学分野の近藤豊(こんどうゆたか)教授、新城恵子(しんじょうけいこ)助教(筆頭著者)、同脳神経外科学の夏目敦至(なつめあつし)准教授、大岡史治(おおおかふみはる)助教(筆頭著者)らは、難治性の脳腫瘍である神経膠腫の中で、特定の遺伝子異常がある腫瘍の患者さんにEZH2阻害剤が有効である可能性を見出しました。
神経膠腫は、最も多い脳腫瘍の一つで難治性の腫瘍です。低悪性度神経膠腫は、神経膠腫の中では比較的悪性度が低いものの、手術によって完治に至ることが少なく確実に増大し生命を脅かします。低悪性度神経膠腫のうち、IDH遺伝子の変異がない腫瘍の予後は不良で、有効な治療薬も見つかっていません。本研究では、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫においてそれぞれ最も多い遺伝子異常の一つであるp53, NF1遺伝子異常をもち、本腫瘍を発症するMADMマウスモデルを使って、腫瘍ができていく時に出現する分子の異常を解析しました。その結果、マウスモデルのp53, NF1遺伝子異常細胞は、腫瘍になる前からエピゲノム修飾酵素EZH2を高発現し、EZH2が多くの重要な遺伝子のエピゲノム異常を引き起こし、腫瘍の形成に重要であることがわかりました。そこで、MADMマウスにEZH2阻害剤を投与したところ、腫瘍の増大を抑えることができました。ヒトのIDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫でもEZH2は高発現しており、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ低悪性度神経膠腫の細胞株ではEZH2阻害剤により細胞増殖が抑えられました。
EZH2阻害薬は、現在血液のがん等で治験が行われており、近い将来臨床の現場で使用できる治療薬になる可能性があります。今後、IDH遺伝子変異がない低悪性度神経膠腫の中で、特にp53, NF1遺伝子異常をもつ腫瘍の患者さんに、EZH2阻害剤を有効なプレシジョンメディスンとして使用できる可能性を初めて見出しました。
本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)次世代がん医療創生研究事業(P-CREATE)研究開発課題名「がん細胞の分化制御に関わるエピゲノムを標的とした革新的治療法の開発」の支援のもとでおこなわれたものです。

プレスリリース全文は、以下をご覧下さい。

日本語版

Can_Res_190820