国際ポドプラニンシンポジウム 2017年9月30日〜10月1日

名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科 准教授 夏目敦至

脳腫瘍グループは、2017年9月30日〜10月1日に2017 International Podoplanin Meetingを行った。主催は、名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科 准教授 夏目敦至とProfessor Gary S Goldberg, Molecular Biology, Rowan University, NJ, USAと協働で名古屋大学医学部の講堂にて行った。前日まで横浜で開催された日本癌学会学術総会に出席した日本各地や世界のPodoplanin研究者に参加、講演をしていただいた。Podoplaninは糖鎖修飾される膜内抗原である一方、分泌型も知られている。その機能は多彩であり、がん細胞内では増殖やがん発生に関与すると考えられているが、上皮間葉系移行に関与する系と関与しない系の2つあり、細胞内の夾雑な環境下での分子挙動は明らかになっていない。また、分泌型として血小板や免疫担当細胞に作用し、制御性T細胞との関連も報告されている。夏目はPodoplaninをがん抗原の標的とした遺伝子改変武装化T細胞の作成と前臨床試験の基調講演を行った。

このシンポジウムでは、Podoplaninに関して共同研究を強く推進することが提言され、まずはお互いの知識の理解を深めるためにも、Review Articleの公表をすることになった。現在は、原稿が集まり最終校正を行っている。

このシンポジウムを通して、分子夾雑におけるPodoplaninの解明を具体的に進めていく。