第6回Tokai Craniofacial Conference あいち小児保健医療総合センター 2017年9月30日(土)

6th. Tokai Craniofacial Conference

先生方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
Tokai Craniofacial Conference 第6回開催のご案内を申し上げます。
専門的治療が必要になる頭蓋顎顔面疾患について、医療機関や診療科の枠を超えて適切な診断と
治療を検討し、東海地区の診療レベルを高めることを目的に本会が設立されてから、まもなく3年
になります。これまで、形成外科、小児科、歯科口腔外科、耳鼻咽喉科の先生方に様々なテーマ
から講演していただきました。第6回では脳神経外科領域からのレクチャーを予定しております。
症例検討では頭蓋骨縫合早期癒合症はじめ、顎顔面の複雑な先天奇形についてこれまで検討を行
いました。活発な議論ができますよう関連諸領域の先生方からの検討症例を募集しております。
今回は横断的情報交換を促進する目的ではじめての土曜日開催とし、はじめての懇親会を予定し
ております。たくさんの先生方のご参加をお待ちしております。
検討症例の連絡先:9月11日までに200-400字程度の症例概要を担当者か下記事務局まで
送信してください。 ( hirokatsu_oosawa@sk00106.achmc.pref.aichi.jp)
日時:2017年9月30日(土)15時より
場所:あいち小児保健医療総合センター
(大会議室:本館地下1階)

プログラム
【開会の辞】 あいち小児保健医療総合センター 脳神経外科 加藤 美穂子先生
【レクチャーコーナー】
座長:あいち小児保健医療総合センター 脳神経外科 加藤 美穂子先生
「Craniosynostosis診断・治療の課題とこれから」
富山大学 脳神経外科 赤井 卓也先生
【カンファレンス】
司会: あいち小児保健医療総合センター 大澤 弘勝先生
症例検討
【閉会の辞】 藤田保健衛生大学・口唇口蓋裂センター 矯正歯科・小児歯科
近藤 俊先生
~情報交換会(18:00~19:00)~
これまで多領域の先生方にお集まり頂きました。
今回は横断的連携の構築を目指して情報交換会を企画いたしました。
皆様のご参加をお待ちしております。

世話人
若林俊彦 (名古屋大学脳神経外科・代表世話人)
亀井 譲 (名古屋大学形成外科)
奥本隆行 (藤田保健衛生大学形成外科)
齋藤伸治 (名古屋市立大学 小児科)
水野誠司 (愛知県心身障害者コロニー小児内科)
近藤 俊 (藤田保健衛生大学小児・矯正歯科)
森下 剛 (あいち小児保健医療総合センター形成外科:事務局)
加藤美穂子(あいち小児保健医療総合センター脳神経外科:事務局)